自由な生き方を考える 〜Another day〜

自由な生き方を考え、自由な生き方を記録していく投資ブログ

剱岳を登ってきた! ー馬場島→早月尾根→剱岳2,999mー

どうも、みっちーです。


じめじめ・・・
まだ自宅では冷房つけてません!
窓を開けて扇風機でなんとかなってます。
色々工夫して夏を過ごすことができています。

皆さんはいかがお過ごしで?
熱中症で死者も出ているようですので、
温度調整気を付けてください。


今回は登山です。


憧れの剱岳に登ってきました!
実際のところは登頂できていないんですけどね。
大変キツイ山ということがわかりました。


試練と憧れを求めて・・・



死ぬ前に行きたい場所がある。


剱岳(標高2,999m)


北アルプスの立山連峰にある山。





北アルプスでもさらに北部にある
剱岳の山容はまるで剣のよう。
剱岳がある山域は岩稜帯で
山容はとても美しく、危険な山域。


室堂方面から登山をする方が多い。
黒部ダムの上を歩くことができるし、
室堂まではトロリーバスとロープウェイを
使って上がることができる。


天候が良ければ地獄谷やみくりが池、
雪渓、立山を見ることができ、
楽しく登山することができる!


また・・・


トロリーバスのある扇沢駅は標高が約1,400m。
トロリーバスとロープウェイを乗り継いげ行けば、
あっという間に2,450mまで上がることができる。


剱岳までの距離も約7.5kmと早月尾根に比べると短い。
日帰りで行くにはタイムリミットがあるので、
少し難しいかもしれません。
健脚の方なら行けちゃうかもしれませんね。
ほとんどの方は一泊小屋泊、テント泊をする計画。
ドM気質な人間は早月尾根から登山する。



試練① 自宅から登山口までが遠すぎ!


自宅から馬場島山荘駐車場まで5時間って。


馬場島まで


ここから試練が始まる。
軽快に高速を飛ばしていく。
不安と希望を胸に馬場島山荘駐車場に到着!





ここの標高は760m
ということは・・・


2,233m登らないといけない!


ドMじゃないと登りに来ないのでは?
しかも山頂までは12kmとかなり長丁場。
新穂高温泉から槍ヶ岳まで登った経験もあるけど、
そこの標高差は約2,180mだから、今回の方が高い。
そして、短い距離で高い場所に行く。


こりゃヤバイです。


試練の朝 怒涛の早月尾根



出発の朝早月尾根方面


馬場島山荘駐車場から早月尾根方面。


ここは西側。
太陽を拝むのにも時間がかかる。
小窓尾根のシルエットが際立っていますね〜
さて、出発しますかね。


剱岳記念日


試練と憧れ1


剱岳に祈る


ここからスタート


1日目はピーカン。
晴れて気温も高いく、
バテバテになってしまいました・・・。


ここは1,000mから朝日


標高1,000mの標識があった辺りです。
大猫、猫又、赤谷山、ブナクラ乗越方面かな。
重なって見えるけど、早月尾根を
歩いていると真横に見えてくる。


ここは1,200m


こんな感じで200mごとに標識があります。
急登がずっと続き、写真を撮る余裕は
ほとんどありませんでした。


水は3.5L持って行ったけど、
みるみるうちになくなっていく。


大日岳方面2
西大谷山、奥大日岳方面

大日岳方面
大日岳方面

馬場島方面
馬場島方面

高度が上がっていくにつれて、
太陽が近くなる感じ。
すごく暑いんすよ・・・
バテバテですわ。


早月小屋到着! 標高2,200m






ここまで来るのに6時間かかった。
ここまでの標高差は1,500m。
垂直に上がったわけではないので、
高度感がわかりにくいですが、
すごい高さを上がってきたのですね。


早月小屋表札


早月小屋


自分と早月尾根


ちょこっと剱岳が見えますね。(右上の方)
スカっと晴れてくれたのはすごく嬉しかった。
ただ、このあと天候が急変して雨になります。
次の日の予報もあいにくの雨。


早月尾根と剱岳


あと799m上がれば山頂。
行ってしまいたかったのですが、
天候が急変してしまった。
早月小屋で様子を見ましたが、
翌日はもっと雨が降ることになりました。
せっかく来たので剱岳で一夜を過ごすことにしました。
お腹も空いたのでご飯の準備をしたいと思います!


夕食準備
塩ラーメン、おにぎり、魚肉ソーセージ


おにぎりとラーメン
完成がこちら


ご飯を食べたあとは、
コロッと寝てしまいました・・・。
前日からほぼ寝ていなかったですが、
体調を崩すことはなかったです。
ちょっと高山病も心配でしたが、
好山病にはなっていたようです。


試練の朝 雨と風の中を下山



翌朝


雲の中にいるような感じ。
視界は80m〜100mくらいですかね。
山頂なんて全く見えませんでした。
剱岳山頂に一礼してから早月小屋を後にしました。


朝6時に下山開始。
霧の中を進みます。


池


帰りはすごくスムーズでした。
快速下山で、約2時間半で下山しました。
早月小屋から200mくらいの標高は
木がなぎ倒されていたりと、
危ない箇所が何箇所かあったのですが、
駆け足で駆け下りました。
太ももに気を使うことができずに
負担がかかってしまいました。


馬場島方面翌日
下界との境界線


後ろを振り向くとこんなところを
下ってきたのかと思うほど。
通常よりも1時間以上早いタイムで
下山できちゃいました・・・。
汗なのか雨なのかわからないほどにビショビショ。


タオルで汗やら雨やらを拭いて
風邪をひかないように着替えました。


自分と試練と憧れ


最後に「また、ここに来るんだ!」と
石碑のまでポーズを決めて帰路につきます。


本当に試練の連続でした。
それにしても大変でしたが、
また来る理由ができたのでよかったです。


何か質問があればお気軽にご質問くださいね!
よろしくお願いします。


ではでは。



インフォメーション


サイドバーにメールフォームを追加しましたので、
ご質問等はメールでご連絡いただければと思います。
その際ですが、自己紹介等もよろしくお願いいたします。


トレーダー育成プログラムアイコン

Wonder Binary Lifeについてはこちら


20171104Twitterバナー

みっち~のTwitterはこちら




「参考になった!」という方は是非クリックをお願いします!



テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

登山記録 | コメント:0 |

高尾山登山 日本100名山

どうも、みっちーです。


久しぶりの投稿になります。
最近は仕事がすごい忙しい。
これはすごく嬉しいことですね。


色々と教える立場ですが、
同時に学ぶことも多いです。


成長していくと思うと楽しくて仕方がありません。


今日は高尾山に行ってきました。
登山口まで徒歩で約10分くらいの
ところにある駐車場で準備開始!


駐車場


稲荷山コースから登山開始!



高尾山は年に1回くらい登山しに
行くのですが、毎回同じコースです。
久々に登山に行く時は丁度イイくらいのコースなんですよね。
体力的にも時間的にも「登った〜!」って感じになるので。





高尾山駅周辺
高尾山駅周辺。


登山家がたくさんいらっしゃいました。
やっぱり日本100名山だけありますね〜


ロープウェイ
しばらく歩くとロープウェー乗り場にたどり着きます。


体力に自信がない方でも気軽に山頂に
立てるのが高尾山の魅力でもあるんです。
あとは頂上の眺望がまたいいんです。


高尾登山でも中級以上のコース。
約1時間半くらいで山頂に立てます。


展望ポジション 第一チェックポイント


登山口から40分ほど歩くと展望ポイントに到着します。


展望台


東京タワー、スカイツリー、
筑波山までドカッと見えます!


太陽が見える


標高も低く背の高い木々がある
樹林帯をひたすら歩くわけですが、
晴れていると太陽が木々の間から見えるんです。
これがまたいい。





1時間40分ほどで山頂に到着!


IMG_6758.jpg


わかりますかね?
遠くに富士山見えるの?
ぴーかん晴れもすごくいいんですけど、
雲と青空のコントラストがまたいい。
すごく風も気持ちよかったですし、
イイ汗を流せました。


山頂にて変なポーズ。


山頂にて


太陽の光


とてもキレイな写真も撮れました!
晴れてくれて、気持ちよく登山ができてよかった〜
さて、次はどの山に登りに行こうか?


何か質問があればお気軽にご質問くださいね!
よろしくお願いします。


ではでは。



インフォメーション


サイドバーにメールフォームを追加しましたので、
ご質問等はメールでご連絡いただければと思います。
その際ですが、自己紹介等もよろしくお願いいたします。


トレーダー育成プログラムアイコン

Wonder Binary Lifeについてはこちら


20171104Twitterバナー

みっち~のTwitterはこちら




「参考になった!」という方は是非クリックをお願いします!



テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

登山記録 | コメント:0 |

赤城山 サンライズ登山 -黒檜山(1,828m)〜駒ケ岳(1,685m)縦走編-

どうも、みっちーです。


土日からまた天気が悪くなるらしいですね。
今日はものすごく晴れていたので嘘みたいな予報ですが。


今日は己の身体と心を鍛えるために
友人と二人で登山に行ってきました。
その登山記録をつけたいと思います。


今日行ってきた山は群馬県前橋市にある赤城山です。
日本百名山にもなっていますし、
群馬を代表する山ですので、
知っている方も多いのではないでしょうか。


ここが黒檜山・駒ケ岳を登山する際に利用する駐車場です。



大沼おのこ駐車場到着!!
大沼地図


真っ暗で誰もいません。
大沼駐車場


外気温はマイナス8度・・・
外気温


昨年・一昨年は大沼まで行くのに
雪がすごかったのですが、
今回はかなりドライでアスファルトの
上には雪がありませんでした。
ただ、これからまだ雪が降る可能性はありますので、
スタッドレスなど冬装備をして運転した方がいいですね。


今回の登山ですが・・・
赤城山最高峰の黒檜山(1,828m)から
日の出を見る!という企画です。
この計画は昨年立てて決行したのですが、
昨年は1時間遅れで失敗。
今年はなんとかリベンジを果たします!


真夜中の登山道



装備準備と準備運動を済ませていざ!出発!!
おのこ駐車場を出発したのは午前3時半でした。


黒檜山への登山口はおのこ駐車場より
約500mくらい歩くと右側にあります。


こんな感じ
黒檜山登山口


太陽が出ているときであれば
見落とすことはないですが、
真夜中なのでヘッドライトの
明かりがなければ真っ暗です。
今回は写真を撮る余裕がそこそこあったので、
詳細も記録できそうです。


コースタイムは山頂まで約2時間ってとこです。
冬季で積雪がある場合はプラス1時間くらいですかね。
12本爪のアイゼンを装着してトレッキングポールで
バランスを取りながら、確実に一歩ずつ前進していきます。


冬山の大変なとこは寒さですが・・・。
運動量の調整をしないと大変なことになります。
夏場と同じようなペースで登山をすると
最初は温かくなってきて、調子がいいです。


ペースが気がつかないうちに上がってしまうんですね。
気がつくと・・・汗をかいている場合があります。


これは身をもって経験したことなのですが、
休憩などで止まってしばらくすると急激に寒くなります。
低体温で体力を急激に奪われてしまうので注意が必要!!


鼻から空気を吸い込み口から吐く。
鼻から空気を吸い込むことで、
肺にしっかりと酸素が届くようです。
一歩ずつを1秒間隔で少しずつ歩く。
ペースを乱さないことで運動量を
一定に保つことができるので、
汗をかかないで歩くことができます。


これ以外に服装で調整するのもありですが、
暑い脱ぐ、寒い着るを繰り返すということは
立ち止まることが増えるわけなのでペースが乱れます。
そうすると結果的に歩く速度が乱れやすくなるので、
厚着をした上で自分の運動量を調整する方がいいですね。


晴れていれば富士山が見れるんです!!


富士山まで140km


黒檜山まで100m いよいよ山頂です!!



黒檜山まで100m


登山開始してから約3時間。
もしかしたら早すぎたかも・・・
ということで道中でペース配分を計算して
山頂までたどり着くことができました!


大沼側は強風ですごかったのですが、
山頂は穏やかです。


今回は太陽よりも早く山頂に着くことができました!
もう感動しかないですね。
二人してハイタッチっ!


日の出は6時50分〜とのことでしたので
山頂を散策し日の出を待つことに。


そして・・・


ライジングサン・サン・サン!!!



待ちに待った瞬間がやってきました!


日の出
赤城山より日の出


赤城山日の出


友人が撮っていてくれましたw
夜明けを撮影する俺


二人で記念撮影
黒檜山・二人


谷川連峰と苗場山
谷川連峰・苗場山


谷川岳と笠ヶ岳のズーム
谷川・笠ヶ岳ズーム


日の出後
日の出後


山頂で日の出を迎えるのは
久しぶりで感動していました。
友人は初めてとのことでしたので、
かなりご満悦な様子。
よかったです。


友人は持ってきたチキンラーメンを
お湯を沸かして食していましたが、
私はずっと写真を撮っていました。


特に谷川・苗場・浅間山方面は
朝陽が当たりキレイなオレンジ色に。
天候にも恵まれ、とても幻想的な
朝を迎えることができました。
こういう機会は大事にしたいですね。
今度は他の山で日の出を見ようという課題もできました。


折り返し!ここから駒ケ岳へ縦走!



遠くには薄っすらと富士山が見えました!
遠くに富士山


夜中登った黒檜山(1,828m)
黒檜山


黒檜・駒ケ岳中腹の尾根よりパノラマ
黒檜・駒ケ岳パノラマ


駒ケ岳山頂
駒ケ岳山頂


黒檜から駒ケ岳までは約1時間ほどで行けます。


駒ケ岳へ向かう際の登山道は
急坂が続くのでゆっくりと行きます。
ところどころ氷が張っていてアイゼンを
装着していても滑ることがあるので。


駒ケ岳山頂に到着したときに
友人が睡眠不足のため15分ほど
寝たいとのことなので、しばし休憩・・・。
昼寝にはもってこいのロケーション。
太陽も出ていてポカポカ陽気。


15分後・・・


テクテクと尾根を歩き10分ほどで分岐点へ。


大沼まで35分


コースタイム通り約30分で下山!!
無事下山したのは午前9時。
おのこ駐車場に到着したときに他の登山者が
これから登ろうと準備をしているところでした。


「おはようございます!」と挨拶したところ
「???」というリアクションでした。
「え?もう登ってきたんですか?」


私たち:「はい!(自慢げにw)」
登山者:「は、早いですね!何時に出たのですか?」〜



「無事に下山してくださいね!」と
声をかけその場を後にしました。
本当おつかれさんでしたっ!


下山後は今後の祈願をするために赤城神社へ!



赤城神社


赤城神社橋


登山開始するときは真っ暗で
立ち寄るのはちょっと・・・(怖い的な)
という感じでしたので、下山後に今後の祈願!
赤城神社にお参りしてきました。


おのこ駐車場より徒歩10分以内なので
着替えを済ませて歩いて行ってきました。
大沼周辺を散策するのもなかなかいいものです。


カッチカチやぞっ!
大沼


大沼は厚い氷が張っていてワカサギ釣りを
する人たちでいっぱいでした。
氷が張っているとはいえ、
何やら変な音がするとです・・・。
氷がきしむ音や「ぼわっ」て
水中の空気が破裂するような音が。


夜、尾根を歩いている時にちらほら
車が駐車場に乗り入れているのを見たのですが、
登山道に入ってこないところから「ワカサギ釣りかぁ〜」と。
釣りをするのにも朝早くないとダメなんですね〜
と訳わからない感心をしていたのです。


今回の山行もちょっと厳しい自然に触れながら
身体も心も鍛えることができたのでよかったです。


<今回の主要装備はこちら>
    


積雪期の山ではアイゼンやピッケルは必須ギアです。
命に直結してくるギアなだけに慎重に選びたいですね。
私が使用しているのはこの三点です。


靴は足の冷えを軽減するために中綿が
入っているので3,000m以上の山で対応。
厚手の靴下と組み合わせることで機能をさらに高めます。
欠点としては重たいことですかね。
重たくても凍傷で指を失うよりは全然ましです。


よかったら参考にしてみてくださいね〜


何か質問があればお気軽にご質問くださいね!
よろしくお願いします。


ではでは。



インフォメーション


サイドバーにメールフォームを追加しましたので、
ご質問等はメールでご連絡いただければと思います。
その際ですが、自己紹介等もよろしくお願いいたします。


トレーダー育成プログラムアイコン

Wonder Binary Lifeについてはこちら


20171104Twitterバナー

みっち~のTwitterはこちら




「参考になった!」という方は是非クリックをお願いします!



テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

登山記録 | コメント:0 |

年末登山 八ヶ岳最高峰 赤岳 2,899m -The Extream challenge- まとめリンク集

どうも、みっちーです。

年末登山 八ヶ岳最高峰 赤岳に挑戦のまとめはこちらからどうぞ!!


年末登山 八ヶ岳最高峰 赤岳 2,899mに初日の出を見るに挑戦!!


赤岳ロゴ

まとめてみましたので、よかったらチェックしてみてくださいねっ!

年末登山 八ヶ岳最高峰 赤岳 2,899m -The Extream challenge-①
http://fts38.jp/blog-entry-60.html

年末登山 八ヶ岳最高峰 赤岳 2,899m -The Extream challenge-②
http://fts38.jp/blog-entry-65.html

年末登山 八ヶ岳最高峰 赤岳 2,899m -The Extream challenge-③
http://fts38.jp/blog-entry-73.html

年末登山 八ヶ岳最高峰 赤岳 2,899m -The Extream challenge-④
http://fts38.jp/blog-entry-89.html

年末登山 八ヶ岳最高峰 赤岳 2,899m -The Extream challenge-⑤
http://fts38.jp/blog-entry-90.html


今後も色々な挑戦をしていきたいと思います!!


何か質問があればお気軽にご質問くださいね!
よろしくお願いします。


ではでは。



主要装備はこちら
    

モンベルって機能性を保ちながらも安いのがいいよねっ!
よかったらチェックしてみてくださいね!



インフォメーション


サイドバーにメールフォームを追加しましたので、
ご質問等はメールでご連絡いただければと思います。
その際ですが、自己紹介等もよろしくお願いいたします。


トレーダー育成プログラムアイコン

Wonder Binary Lifeについてはこちら


20171104Twitterバナー

みっち~のTwitterはこちら




「参考になった!」という方は是非クリックをお願いします!



テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

登山記録 | コメント:0 |

年末登山 八ヶ岳最高峰 赤岳 2,899m -The Extream challenge-⑤ いよいよ登頂!赤岳から初日の出?!

どうも、みっちーです。


いよいよ最終回となりました!
強風の文三朗尾根を越えると
赤岳と阿弥陀岳つなぐ稜線に出ます。
そこから赤岳山頂を見ると・・・


こんな感じです。
阿弥陀岳稜線

ピーカンの時に登った時の写真。
撮影はiPhone4sだったかな。
ここに出るとさらに風が強くなるんです。
遮るものは何もないので、バランスをとりつつ、
強風に耐えなくてはなりません。
あとは風の音で他の音が聞き取りにくくなります。
さらに上に進むと最難関エリアに突入です!
このエリアは滑ったら完全にアウトな地帯。
タマを引き締めて一歩ずつ確実に登っていきます。


地獄の鎖場
山頂直下

雨と霧の中登った時の写真です。
色々な天候の八ヶ岳に挑戦しました。
稜線から山頂までは2時間近くかかってしまいました。
かなり慎重に登っていたのと、
この寒さで時間の感覚がまったくわからず。
時間がずっと止まっていたような気さえしました。


そして・・・最後の梯子を登ると・・・


ついに来ました!


八ヶ岳最高峰 赤岳 2,899m到達!



赤岳山頂三角点

登頂を果たしても・・・
まだ山頂は真っ暗でした・・・。
日の出まで40分くらいだったか
マイナス25度という極寒の中待っていました。


が・・・


あまりの寒さと厳冬期用の装備ではなかったため、
頑張って待っていましたが・・・


もう限界!!
寒すぎて死ぬ・・・・

今までは歩いていたので、
寒さもあまり感じていませんでしたが、
止まってしばらくすると寒さが襲ってきます。


iPhoneも一眼レフあまりの寒さに誤作動、
電源が急に切れるなど想定を超える状況でした。
何度か電源を入れ直したりしてようやく撮影したのがこれです。


富士山 初日の出直前
日の出①

初日の出直前
日の出②


という結果に・・・(涙)
しかも、ぶれっぶれっ。
雲海が幻想的だったのは覚えています。
ちゃんと記録できなかったのが、残念です(涙)


それでも貴重な体験ができたと思います。
冬山はちゃんとした装備で
行かないと怪我じゃ済まない・・・
身をもって体験できたので、
今後もタマを引き締めて臨みたいと思います。


無事に下山!
赤岳下山後


下山ルートも登りと同じ道を帰ってきました。
下山後は疲労感に襲われ、車の中で爆睡。


俺、お疲れさまっ!!
明日から仕事だよっ!!
「あぁ」って感じだったのを覚えています。


この後も何度か年末登山挑戦したのですが、
登頂を果たしてもガスっていたり、吹雪いていたりと
初日の出を拝むことができていません・・・


リベンジも考えているので、
今度こそ初日の出を拝みたいと思います!


飛び飛びで読みにくいなぁーと感じていたかもしれませんが、
最後までお読みいただいてありがとうございました!



次回の挑戦は「沖縄本島自転車一周の旅」を記録していきたいと思います!
乞うご期待ください!!



前回までのリンクはこちら!


よかったらチェックしてみてくださいねっ!

年末登山 八ヶ岳最高峰 赤岳 2,899m -The Extream challenge-①
http://fts38.jp/blog-entry-60.html

年末登山 八ヶ岳最高峰 赤岳 2,899m -The Extream challenge-②
http://fts38.jp/blog-entry-65.html

年末登山 八ヶ岳最高峰 赤岳 2,899m -The Extream challenge-③
http://fts38.jp/blog-entry-73.html

年末登山 八ヶ岳最高峰 赤岳 2,899m -The Extream challenge-④
http://fts38.jp/blog-entry-89.html


何か質問があればお気軽にご質問くださいね!
よろしくお願いします。


ではでは。



主要装備はこちら
    

モンベルって機能性を保ちながらも安いのがいいよねっ!
よかったらチェックしてみてくださいね!



インフォメーション


サイドバーにメールフォームを追加しましたので、
ご質問等はメールでご連絡いただければと思います。
その際ですが、自己紹介等もよろしくお願いいたします。


トレーダー育成プログラムアイコン

Wonder Binary Lifeについてはこちら


20171104Twitterバナー

みっち~のTwitterはこちら




「参考になった!」という方は是非クリックをお願いします!



テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

登山記録 | コメント:0 |
<<前のページ| ホーム |次のページ>>