自由な生き方を考える 〜Another day〜

自由な生き方を考え、自由な生き方を記録していく投資ブログ

年末登山 八ヶ岳最高峰 赤岳 2,899m -The Extream challenge-④ 強風の文三朗尾根

どうも、みっちーです。


ちょっと遅れましたが、
今回も八ヶ岳最高峰の赤岳で初日の出を見るために
起こした行動を綴っていきたいと思います。


行者小屋よりパノラマ撮影
赤岳パノラマ


荒々しい赤岳山頂
IMG_0552.jpg


大同心、小同心、硫黄岳方面
IMG_0550.jpg

撮影はiPhone5sのパノラマ撮影機能を活かしてみました。


いよいよここからが正念場です。
美濃戸口から赤岳鉱泉まで標高差は500m。
歩いて2時間〜3時間ほどです。
緩やかに高度を上げていくので、
ペースを乱しやすくなってしまします。
「あれ?結構歩ける!」って感じになってしまい、
ペース配分が乱れます。


後半の文三朗尾根は急坂かつ風が
強いと尾根道は狭いので危険。
集中が途中で切れてしまうと
大変危険な登山道になります。
最初から飛ばしてしまうと、
後半バテてしまうのでゆっくり。


行者小屋から赤岳山頂(2,899m)まで標高差700m。
眺めはすごくよく、気分も良くなるでしょう。


文三朗尾根から行者小屋、美濃戸口方面
IMG_0557.jpg

深夜で真っ暗。

星空がすごくキレイなのを覚えていました。
雲ひとつないキレイな夜空ですが、
風が非常に強く、すごく寒い・・・


恐怖と孤独を感じていました。
文三朗尾根中盤に差し掛かったときに
「もうダメだ・・・帰りたい」と思い、
何度も何度も諦めようと思った。
そのときは本当にダメだって感じたんです。


「自分で来るって言ったんだろ?」


何度も自分に言い聞かせました。
諦めの悪い男はそこから立ち上がり山頂に向け
一歩ずつ前進していきました。


雪で固まった岩場、鉄の階段を一歩ずつ登りながら
ようやく阿弥陀岳との分岐点に到達することができました。
通常であればここから山頂までは40分ほどで到達できますが、
2時間近くかかってしまいました・・・・。

阿弥陀岳方面
IMG_0556.jpg

ここまで来たら最後まで行くしかないでしょ。



次回は「いよいよ登頂!赤岳から初日の出?!」です!


前回までのリンクはこちら!


よかったらチェックしてみてくださいねっ!

年末登山 八ヶ岳最高峰 赤岳 2,899m -The Extream challenge-①
http://fts38.jp/blog-entry-60.html

年末登山 八ヶ岳最高峰 赤岳 2,899m -The Extream challenge-②
http://fts38.jp/blog-entry-65.html

年末登山 八ヶ岳最高峰 赤岳 2,899m -The Extream challenge-③
http://fts38.jp/blog-entry-73.html


何か質問があればお気軽にご質問くださいね!
よろしくお願いします。


ではでは。



主要装備はこちら
    

モンベルって機能性を保ちながらも安いのがいいよねっ!
よかったらチェックしてみてくださいね!



インフォメーション


サイドバーにメールフォームを追加しましたので、
ご質問等はメールでご連絡いただければと思います。
その際ですが、自己紹介等もよろしくお願いいたします。


トレーダー育成プログラムアイコン

Wonder Binary Lifeについてはこちら


20171104Twitterバナー

みっち~のTwitterはこちら




「参考になった!」という方は是非クリックをお願いします!


関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

登山記録 | コメント:0 |
<<年末登山 八ヶ岳最高峰 赤岳 2,899m -The Extream challenge-⑤ いよいよ登頂!赤岳から初日の出?! | ホーム | ハイローオーストラリア登録方法>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |