FC2ブログ

自由な生き方を考える 〜Another day〜

自由な生き方を考え、自由な生き方を記録していく投資ブログ

ハイローオーストラリアの転売による、損切と利益確定について考える

どうも、みっち~です。


久しく転売機能について考えることはなかったのですが、
検証するキッカケがありましたので、まとめておこうと思います。
昨日お会いしたバイオプつながりの友人に相談を持ち掛けられました。


「転売で稼げるの?」


正直なところわかりません(笑)
使い方次第なのではないかと思いまして、検証をしてみました。



転売機能のメリットについて考えてみる


まず、転売機能についてメリットがあるのか考えてみます。


トレードしたポイントに優位性がなく、トレードを取り消したいという方向けに付けられた機能と考えることができますね。また、満期を迎える前に利益が乗ってきたので、利益を確定したいという方にも使えそうな機能と考えることができます。


実際のところはどうなのかを検証してみようと思います。



転売機能はどのように機能するのか?

20180921転売2

20180921転売3

20180921転売4

20180921転売5

20180921転売6

「転売する」のボタンを押せば転売完了です。


転売機能が使用できる期間は30秒、1分以上の取引で利用できます。



どのような場面で使うのか?

大きく分けると二つ挙げられると思います。


トレードしてみたけど、自分の判断が正しいの自信が持てずに途中で決済してしまうパターンが多いかと思います。今はドローアウトルールになったので、引き分けた場合も負け扱いですから、シビアになっても仕方ありません。


もう一つは、利益が乗ってきたので決済するパターンです。これはFXに近いトレードスタイルになりますね。どのくらい動けば利益が乗ってくるのかというと、通貨ペアと残り時間などの条件によって変動する仕組みになっているようです。


細かいところまではわかりませんでしたが、満期を迎えて勝ったとき、相場が大きく動き転売(実質的な勝ち)の時のペイアウト率は違うことはわかりました。



転売機能のデメリット


損切をするポイントの方が小さく設定されていました。
これはちょっと酷いと思います(笑)


大きく動かないと使用することは難しいということがわかりました。トレードの満期が短いほどデメリットが出てくる感じです。目安としては3pipsくらい動きそうな場面を意識することが重要なポイントになってきます。


20180920ハイロー4


あとは、ペイアウト率は1.8倍以上はいかないかもしれません。動きそうなポイントを狙っていて、10pips近く動いているのに1.7899倍でストップします。でも、これは満期や金額、残り時間によって変動しているようです。



どのように対処していけばいいのかを考える

20180920ハイロー5

トレードするポイントを絞っていくことが大事かなと。
特にノイズで負けてしまうことが多い方。


相場は色々な事象を含み動いていますので、どのように動くかは誰にもわかりません。それでも、「これ、前に見たことある」というようなパターンって多くあります。僕は3種類くらいのパターンに分けてトレードすることが多いので、それ以外のポイントは狙わないように心がけています。


ギャンブルトレードになってしまいがちの方と、そうでない方の違いはここにあるのではないかと考えています。負けそうな要素があるとした、そこを削っていった方が勝ちを増やしていくことよりも簡単なんです。勝率を上げようと頑張る人が多いですが、上げ方も考えようですよね。


結論としてはFXと同じようにトレードできる方は、転売機能を使ったトレードをしてもいいんじゃないかと思います。ただ、50pipsも取れればバイナリーオプションではなくて、FXでトレードした方が稼ぐことができそうですね。僕の場合は転売は損切のときだけで、勝てそうならペイアウト全額もらいにいきます。



質問があればお気軽にご質問くださいね!
よろしくお願いします。

ではでは。



インフォメーション

サイドバーにメールフォームを追加しましたので、
ご質問等はメールでご連絡いただければと思います。
その際ですが、自己紹介等もよろしくお願いいたします。

20180803ゴゴジャン2

20180813WFLバナー


Wonder Binary Life ハイエントリー専用ストラテジー


Wonder Binary Life ローエントリー専用ストラテジー

20180517WBLプログラム
Wonder Binary Lifeについてはこちら

20171104Twitterバナー
みっち~のTwitterはこちら


「参考になった!」という方は是非クリックをお願いします!


関連記事

テーマ:バイナリーオプション投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

BO/FX/投資 | コメント:0 |
<<新しい発見は目の前にある | ホーム | 頭とツールは使い方次第?>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |